2017年8月14日 (月)

しずはとちゃんの散歩道

自然に触れて気づいた事や、感じたことを皆さんで共有していくコーナ―です。

<初めての体験>

6月の生命学園で種から育てた落花生の苗を植えました。

子供たちが普段体験したことのない、クワで土をほりおこし、うねを盛り、穴を掘り

苗を植えました。「元気に育ちますように!」みんなで一緒に手を合わせ祈りました。

7月には花が咲きおわり、どんどん成長しています。

子供たちの心の中には落花生ができるのを心待ちにしていることでしょう!

苗の成長とともに子供たちの心も成長しています。

秋の収穫が楽しみです。      
1502284144419sizuhatochan_3

種から育てた落花生の苗

1502606425547sizuhatochan_5 「初めてクワを使ったよ! 」

1502606601163sizuhatochan_16

「ラッカセイがすくすく育ってくれますように!」とお祈りしました。

2017年7月17日 (月)

しずはとちゃんの散歩道

自然に触れて気づいた事や、感じたことを皆さんで共有していくコーナ―です

<神様の奏でる大自然は美しい!>

夕方空を仰ぎ見れば、なんとも不思議な雲を発見!

雲が絶え間なく流れていく時の流れを感じていると

雲の形がなんと丸くなり、円盤のようになりました。

なんという雲、あなたのことを知りたくて、パソコンで調べたけど

わからずじまい。

大自然はなんと美しいのだろう!いつまでも空を見続けていても

あきない。もっと触れていたい。でもだんだん暗くなりそろそろ神様の

奏でる音楽は終わりになりました。

Img_2593_2

2017年7月13日 (木)

しずはとちゃんの散歩道

自然に触れて気づいた事や、感じたことを皆さんで共有していくコーナ―です。

<友人からのプレゼント>

食事の際、小さな孫達それぞれが醤油を使うが、無駄が多くて勿体ないと

常日ごろから思っていた。そんなところにめずらしい物を頂いた。それは小さな

スプレーボトルに入った醤油。香水のようにシュッと醤油を豆腐や刺身にかける。

とても便利で無駄のない、よく考えられた物だ。しかも使いすぎを防ぎ、

健康を守ってくれる。発案者と友人に感謝しつつ、今日も食卓で、孫たちの

羨望をあびている。                        Y.S

 


Aritayaki01_2

2017年6月24日 (土)

しずはとちゃんの散歩道

自然と触れ合って気づいた事や、感じたことを皆さんで共有していくコーナ―です

<野菜作りは孫の心を育む>

娘の嫁ぎ先の庭におじいちゃんが野菜をいっぱい育てています。孫が可愛いジョウロで

水をあげています。「水をあげてくれてありがとう!野菜がこんなに大きくなったよ」といったら

喜んで水をあげてくれます。野菜も喜んでたべてくれたらうれしいです。

野菜を育てていると楽しみが増えて、豊かな心が育まれていきます。

自然と伸びる運動にすこしだけ近かづけたかな!

1496736986525

2017年6月17日 (土)

6月の音信

神のみわざを為さしめたもう     教区連合会長 堀田すえ子

先日、白鳩会初代総裁、谷口輝子聖姉の二十九年祭が総本山にて開催され、

映像配信により拝聴。谷口雅宣総裁は、一枚の家族写真をもとに

『輝子先生は「女性はか弱いと決めつけるのではなく、その時その場に

ふさわしくあるのが正しい在り方なのである」というお考えの下に、運動を

進めてこられた〝愛ある秩序〟を求められた人である』とお話しされまし

た。
 

 輝子先生は『私は八人兄弟の六女として生まれ、六番目に女の子が生まれ

たら養女に、という約束が交わされていましたが果たされませんでした。

輝子という名前もお父様の尊敬する歌人の名にあやかり、お父様の輝かしい

生涯を送って欲しいという切なる思いから
つけられ、作文が得意、文学が

好きで女子大の国文科を希望しましたが断念、もしお父様が生きていたら

小説家か教師になっていたかもしれませんから、雅春先生との出会いは

ありませんでした。』といわれています。

 また『舅姑の「雅春の気狂いには仕方がないが、同じ気になって乞食の

真似をしようというお前のような女房をもったら、雅春は一生うだつが

あがらない」と激しい怒りの前に泣き伏した。このような周囲とたたかい

ながら、終始変わることなく私の理想について来てくれたのである。

彼女が私の理想に向かってついてくることを拒んでいたならば、私はただの

会社員で生涯を終わって居たかも知れないと思うのである。私の魂の半身で

あると共に、生長の家人類光明化運動の半身でもある。』と谷口雅春先生は

言われています。
 

 強い信念を持ち続け、神様から選ばれ、ご先祖様から選ばれた使命を懸命

に生きられた輝子聖姉の心に添えることができますように、今必要とされて

いる自然と共存するための生き方、生活を与えられた立場でできることから

始めて行きましょう。

2017年6月12日 (月)

しずはとちゃんの散歩道

自然に触れて気づいたことや、感じたことを皆さんと共有していくコーナ―です。

<美しさと逞しさ>

アスファルトとコンクリートで固められた道路の隙間にスミレがひと株。

スミレ=儚(はかな)げな小さなイメージだったが、このスミレなかなか

立派で、さながらビオラの様。他には小さな草がはえている程度。

その健気さと逞しさに感動の記念写真を一枚。一粒の種が何処からか

運ばれたのか、只ひたすら神の命を輝かせようとする大自然の力の

壮大さ。こんな所にも人生の教訓が生きている。自然から学ぶことは

尽きない。                             M.O

1494646952449

2017年6月 4日 (日)

しずはとちゃんの散歩道

自然に触れて気づいた事や、感じたことを皆さんで共有していくコーナ―です。

<スーパーで見つけた有機食品>

今日は30日、スーパーの割引の日。ちょっとお高い品物かっちゃおうかと

思いましたが、思いだしました!私は、有機JASマークの付いた豆腐を買いました。

まだあるのかな、有機JASマークの食品。まださがしてみよう。今度は、ポイント

2倍の時に、買おうかな!お買いもの少し楽しんでいます。      A.U

Photo_2

2017年5月28日 (日)

5月の音信

 わが使命ここにあり      教区連合会長 堀田すえ子

講習会皆様それぞれ真理のあかし人として、素晴らしい体験談を発表して

くださりとても感動しましたが、今日は私の体験を紹介します。

それは晴天の霹靂でした。平成二年十二月二十二日正午交通事故に遭遇、

光のトンネルに突入して幽体が肉体から離脱。気持ち良いふわふわ感の中

事故現場を高いところから見たのです。なぜ私が交通事故に遭うの?

「生長の家」の信仰に対して不信感を抱きましたが、意識不明の状態から

目覚め、身動きできず肺呼吸ができない重体にも関わらず、苦しみもなく

痛みも訴えない不思議な患者に、医師から「何か信仰していますか?」と

聞かれ、すかさず「生長の家」です、と答え初めて私は生かされたのだ、

と気が付き有難さに思わず合掌したのです。人間は神の子であり、

完全円満、肉体なし、現象なしの教えに救われ、半年後、仕事に復帰し

車の運転もできるようになったのです。恩返しと光明化運動に邁進、

二十六年後の現在教区連合会長を拝命することとなり、使命があって

生かされたのだと改めて気がついたのです。現象界は一寸先に何が起こる

か、考え及ばないことが多く、月日が経過してから、解かることが多く

あります。

 

 今『神、自然、人間』の大調和の世界をめざして、ライフスタイルの転換

が求められています。信仰生活の神示の中に信仰生活とはすべてにおいて、

完全に用意されている生活である。明日のことを思いわずらうより、

その場に与えられた使命を生き切ることが私たちの使命であると総裁より、

ご指導いただいています。信仰者としてノーミートの食生活、省資源の

生活法、自然を大切に生きる生き方を実践してみましょう。日常の小さな

積み重ねが多くの人に広がることにより、世界の平和に繋がっていくことに

気がつく日がやがて来ることを信じましょう。

2017年5月26日 (金)

しずはとちゃんの散歩道

自然に触れて、気づいた事や、感じたことを皆さんで共有していくコーナーです

<自転車通勤は一石三鳥!>

 母のリハビリの待ち時間に歩いていたのですが、亡くなると、それもなくなり、

 何か運動をと考えていて、自転車購入をきっかけに、昨年八月から始めた

 自転車通勤。しずはとちゃんのブログにアップされ,(10月9日風が心地よい日々)

今も続けています。2月には風邪で自動車通勤の日もありましたが、

向かい風に負けじとペダルを踏み々自然の偉大さを感じながら

通いました。この頃は気候もよくなり、さわやかな風を感じながらの通勤です。

通勤、運動、そして何より環境問題への貢献と一石三鳥で自分がとても

嬉しい気持ちになります。                      S.S

1495685117007_3

2017年5月12日 (金)

しずはとちゃんの散歩道

自然に触れて、気づいたことや、感じたことを皆さんで共有していくコーナ―です。

 <森林浴のエクササイズ>

 自然に恵まれたところに住んでおりますが、今一つ自然との距離感

 があって、もっと樹木と触れてみたいとの思いで、森林浴を始めてみました。

 周囲の樹木は太陽のエネルギーを吸収して 光合成によって糖分を作りだし

 酸素を放出しています。今日は森林浴日和なので、ベランダにでて

 目を閉じて、太陽の光を体中浴びながら、耳を澄ましていると、小鳥の

 囀りとともに風はやさしくそっと頬を撫でてくれました。至福の一時です・・・

 でも、もっと自然と一体になりたい・・・・・・・・・・・

 そーっと手を伸ばして、桜の葉の裏側に鼻を近づけてみました。そして

 葉から放出されいる酸素を胸いっぱい吸い込み、静かに息を(二酸化炭素)

 吐き出しました。柔らかな緑の葉は吐き出した二酸化炭素を吸って

光合成により酸素をだしてくれます。吸って、吐いて、・・・呼吸をするたびに、

 桜の葉も吸って、吐いてとお互いに流れいって、与え合っていることを

実感しました。森林浴の初めの一歩を踏み出した日でした。

 これからも自然との交流は続いていく・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  T.T 

Img_2584_2

«しずはとちゃんの散歩道